スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

August Burns Red 『Constellations』

Constellations.jpg
Year: 2009
Genre: Metalcore
Rate: 4/5

1. Thirty and Seven
2. Existence
3. Ocean of Apathy
4. White Washed
5. Marianas Trench
6. The Escape Artist
7. Indonesia
8. Paradox
9. Meridian
10. Rationalist
11. Meddler
12. Crusades


アメリカ出身のAugust Burns Redの3rdアルバム。

パッと聴きのとっつきやすさはあり、流麗なギターワークにすぐに耳を奪われます。
As I Lay Dyingに似たような路線のメロデス系メタルコアなギターです。

しかし、展開が非常に多く、どのフレーズも繰り返すことがあまりないため、
覚えにくいところがあり、すぐに何曲目を聴いているのか分からなくなりました。
転調も多く、疾走したと思ったら急にスローになったりして、
先の展開が読めない感じがあります。

そういう点では、どちらかというとプログレやカオティックハードコアに近いような気もします。
※実際、バンドのメンバーはBetween the Buried and Me (BTBAM)に影響を受けているそうです。

まぁBTBAMのような変態さはなく、彼らと比べればかなり分かりやすいほうだとは思うのですが、
どの曲も多少の覚えにくさがあり、似たり寄ったりな印象を受けるため、
あまりリピートする気にならない作品ですね。

似たようなメタルコアではAs I Lay Dyingが私の好みのど真ん中を行き過ぎてるため、
どうしてもそっちばかりを聴いてしまっています。

ただ、この叙情的なギターは素晴らしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:lyugaloki
ヴィジュアル系、メロデス、メタルコアが大好きです。
これから、ゆっくりと記事を追加していきたいです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。